富山県での株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO法人の設立、電子定款の認証、組織変更等の会社変更手続きなら、富山市の横倉行政書士事務所へ。

HOME » 会社設立に関するお手続き » 資本金の払込方法 | 富山会社設立サポート

資本金の払込方法

資本金の払い込み 概要

定款の作成・認証手続きが済んだら、次は資本金の払い込みをします。資本金の払い込みは、発起人の代表者(通常は、代表取締役になられる方(合同会社の場合は、代表社員になられる方))の個人名義の口座に、各発起人がそれぞれの出資金を払い込みます。

(例) 発起人は3人。代表取締役には発起人Aが就任する。資本金300万円。1株1万円の場合。

(注) よくお読みください。

  1. 上記の場合、発起人Aの個人名義の口座を用意します。現在、日常的に使用していて、残高のある口座でも構いません。新たに口座をつくる必要はありません。既に個人事業を営んでいる方などは、個人名ではなく屋号で作成してある口座などをまれにお持ちですが、そのような口座は使用できませんので注意しましょう。また、屋号の口座から直接、発起人Aの口座に振替や振込をしてしまうと、発起人Aの口座の通帳を記帳した際に、振込人名が屋号で表示されてしまう場合がありますが、これではいけませんので注意しましょう。
  2. 発起人Aは、自分の口座に対して、出資金ピッタリの金額を入金(預入)します。
    上記の場合、自分の口座に既に200万円あるからといって、何もしないというのはいけません。その場合にも、一旦200万円を引き出し、再度、200万円を入金する必要があります。「本日、資本金を払い込みましたよ」というお金の動きが必要です。
  3. 発起人Bおよび発起人Cは、それぞれ50万円ずつ、発起人Aの口座に対してピッタリの金額を振り込みます。
    振込扱いにして、発起人Aの口座の通帳を記帳した際に、発起人Bおよび発起人Cの氏名が印字されるようにします。振込の際は振込手数料がかかります。また、金融機関のお届け印が必要な場合がございます。
  4. 金融機関は、銀行(ゆうちょ銀行含む)、信用金庫、信用組合、農協(JAバンク)などが適当です。
    ※資本金の払込をしたお金が設立後の会社の運転資金となるため、設立後に開設する予定の金融機関(会社の口座)と同じ金融機関の口座をお持ちであれば、その金融機関を選択される方がよろしいかと思います。(今回払込む個人名義の口座と設立後に開設する会社の口座間との資金の移動がしやすいと思われるため)
  5. 設立する会社の口座は、設立手続きが正式に完了してから、あらためて作成します。今の段階で会社の口座をつくることはできません。

払込をした口座の通帳のコピーをとる

各発起人が、それぞれの出資金を払い込んだら、出資金を払い込んだ通帳を記帳したうえで、通帳の下記ページのコピーをA4サイズでとります。

※白黒でもカラーでもどちらでも構いません。
※最終的には、用紙の左端をホッチキス綴じしますので、用紙の左端を少し開けておけるように(用紙の中央辺りに)コピーをとります。

  1. 通帳の表紙
  2. 通帳を開いて1ページ目(表紙の裏)
  3. 通帳の振込明細のページ(各発起人が、それぞれ出資金を払い込んだ行が載っているページ)

(通帳の表紙 コピー例)

(通帳を開いて1ページ目(表紙の裏) コピー例)

(通帳の振込明細のページ(各発起人が、それぞれ出資金を払い込んだ行が載っているページ) コピー例)

※日付と各発起人が引き受けた金額ピッタリの数字の記載が必要です。(お支払い)金額欄に、金融機関の店番やATM番号等(数字やアルファベット等)が記載される場合がありますが、それは特に問題ありません。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@company-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み
(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab