富山県での株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO法人の設立、電子定款の認証、組織変更等の会社変更手続きなら、富山市の横倉行政書士事務所へ。

HOME » デイサービス開業 » どこで開業するか? | 富山会社設立サポート

どこで開業するか?

開業場所を選定するためのチェック項目

  • 人口が増えている地域か?
  • 高齢者の割合が増えているか?
  • 要介護認定者の数は?
  • 競合他社の数は?
  • ケアマネジャー施設の数は?
  • 効率的な送迎が可能な範囲か?
  • 近隣に良い送迎事業者がいるか?

開業候補地の人口等を調査

まずは地域の需要がどれぐらいあるかを調査することが必要です。デイサービスの場合は、基本的には、そのオープンした場所の周辺が営業範囲となりますので、開業予定地域にどのぐらいの需要が見込めるかを事前に知ることは大切です。

一般的には、人口が多い地域の方が、当然、高齢者等の介護を必要とする方々も多いと思います。ただし、人口が多くても高齢者の割合が少ない地域もあれば、人口が少なくても高齢者の割合が高い地域もあります。

また、実際にデイサービスを利用する方は、高齢者というよりも実際に要介護の認定を受けた方々ですので、下記のサイト等を利用し、その地域における要介護認定者の数を事前に調査しておくことも必要でしょう。

競合他社やケアマネジャー施設等の周辺状況の把握

人口や高齢者の割合が高く、開業する場所に向いているとしても、それだけで安心はできません。あわせて、その地域に既にある競合他社の状況等も調査する必要があります。競合他社が近くにあったり密集している場合は利用者を奪い合うといった形になり、そこで新規参入しても、順調に業績を伸ばしていくことが難しいと思われるからです。

また、開業後のおもな営業先はケアマネジャー施設(居宅介護支援事業所)となりますので、開業候補地周辺にあるケアマネジャー施設の数や場所なども把握しておくことは必要でしょう。下記サイトで調べれば、地域の介護施設の数やケアマネジャー施設の数等を調べることができます。

送迎のことも考慮する

その地域に暮らしている人口の数や高齢者の数、また、競合他社の数などを調べた上で開業候補地や営業範囲を設定しても、まだそれだけでは安心できません。デイサービスの営業範囲は、デイサービス運営上の送迎範囲でもあります。適切に送迎オペレーションを実施できるかも考慮しなければなりません。

たとえば、あんまり営業範囲を広く設定してしまうと、それだけ送迎にかかる時間やガソリン代、スタッフの手間やそれに伴う残業代等が増え、事業者に大きな負担がかかってしまいます。また、送迎範囲が広ければ、それに伴い交通事故に遭うリスクも高まります。

したがって、人口の数等の需要の調査や競合他社等の状況だけでなく、実際に送迎が効率的に行えるかどうかも事前に調査する必要があります。開業予定地から車で30分程度を営業範囲と設定するという考え方も一つです。

通勤するスタッフのことも考慮する

具体的な店舗の立地の選定にあたっては、従業員の通勤の利便性等も考慮した方がよいでしょう。通勤に不便な場所ですと、従業員の募集や採用後の定着に影響してしまう恐れがありますし、従業員に支払う通勤手当の金額も大きくなってしまいます。

近くに送迎事業者がいるかどうかも確認

デイサービスにおいては送迎は必須のサービスです。そのため、融通の利く良心的な送迎事業者が開業場所の近くにいると心強いです。また、送迎をアウトソーシングする場合は、良い送迎事業者が近くにいることは必須となります。また、自社で送迎を行うにしても、何らかのトラブルで送迎が行えなくなった場合に備えて、あらかじめ近隣の送迎事業者と交流があると安心です。

開業候補地選定においては、地域の送迎事業者にデイサービスを開業する旨を伝えて、開業後は送迎に協力してもらえるかどうかを事前に料金等も含めて相談して、この点も含めて開業場所を選定することも一つでしょう。

実際に現地に足を運ぶことも必要

現代ではインターネットを活用すれば、さまざまな情報を収集することができます。しかし、インターネットの情報だけではすべてを知ることはできません。さまざまな情報・データや統計資料等は入手することができるとは思いますが、実際に開業しようとしている場所の周辺の状況や送迎にかかるルート、その地域が抱える課題等においては、実際に現地に足を運ばなければ分かりません。

仮に、自分が住んでいる場所で開業する場合は、その地域や周辺の実情がある程度は把握できていると思うので、その点は有利に働きますが、そうでない場合は、当該地域や周辺に実際に足を運び、また、自治体の窓口を尋ねる等して担当者から話を聞いてみるのもよいでしょう。

そうすることにより、その地域における介護の問題や介護に関する自治体の施策等についての話を聞くことができますし、その話等の中から、その地域における潜在的な介護需要に気付くことがあるかもしれません。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@company-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み
(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab