富山県での株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO法人の設立、電子定款の認証、組織変更等の会社変更手続きなら、富山市の横倉行政書士事務所へ。

HOME » 富山の専門家に依頼するメリット ~わたしたちの想い~ | 富山会社設立サポート

富山の専門家に依頼するメリット ~わたしたちの想い~

全国の会社設立の専門家

北は北海道、南は沖縄まで、日本全国各地には、わたしたち行政書士や司法書士のように、会社設立を専門にしている専門家が数多くいらっしゃいます。
みな、最終成果物として、会社設立手続きを完成させるという部分では同じですが、その過程では、一般の方では分かりにくいと思われますが、サービス内容が個々の事務所によって若干の違いがあるようです。

たとえば、下記のような違いがあります。

ひとつ、株式会社を設立する手続きを見てみましても、完全代行コース、書類作成コース、電子定款認証コースといったように、さまざまなプランがあります。その中で、では実際には、どこまでの手続きがサービス内容に含まれているの?という部分が非常に分かりにくかったりします。たとえば、分かりにくい部分では下記のようなものがあります。

遠方の専門家に依頼するメリット

日本全国には、たくさんの会社設立に関する専門家の方がいらっしゃいますが、それでは、ここ富山県から、わざわざ遠方の専門家に依頼するメリット・デメリットとしては、どんなものがあるでしょうか?

メリット デメリット
事務所報酬が全体的に低め
・会社設立実績が豊富
・慣れているので対応は早いと思われる
・依頼量が多いため、機械的に処理され、個々のケースに応じたサービスが受けられない
・どんな人なのか分からない
・定款認証手続きは含まれていない
・サービス内容が分かりにくい
・融通が利かない
・悪徳業者に引っかかる恐れがある
・連絡が取りづらい

遠方の専門家に依頼することのメリットとしては、何と言っても、事務所の代行報酬の安さがあげられます。逆に、この部分等がなければ、わざわざ遠くの専門家に会社設立手続きを依頼することはないでしょう。安いところでは1万円前後~数万円程で会社設立手続きを代行する事務所が多いですが、どこまでがサービス内容に含まれるかは分かりにくい部分ではあります。

依頼する方としては、安ければ安いにこしたことはないと思います。安い分、会社設立手続きの経験も豊富だとは思いますので、最終形としての会社設立は当然に完成するとは思います。

しかし、ただ安いというだけで大丈夫でしょうか?

会社設立手続きの経験が豊富であっても、忙しい分、個々の依頼人に割くことができる時間が限られるので、その分、個々の依頼人に対してきめの細かいサービスを提供することが難しいと思われます。
そういったことが後々、定款の修正が必要になったり、変更の登記をしなければならなくなったりしてしまうかもしれません。

あなたは、これから自分の人生をかけて設立する会社の設立手続きを、どのような専門家に任せれば安心でしょうか?

富山の専門家に依頼するメリット

それでは、地元富山県の会社設立を専門にしている専門家に依頼することのメリットとしては、どんなものがあげられるでしょうか?

富山の専門家に依頼するメリット

富山の専門家に依頼するメリットとしては、主に下記のようなものがあげられると思います。

【富山の専門家に依頼するデメリット】

当事務所のモットー ~わたしたちの想い~

  1. 士業はサービス業である
  2. 地域社会に貢献する
  3. 目の前の仕事に集中する

わたしたちは業務を行う上で、上記モットーを心がけております。

1.士業はサービス業である

弁護士、司法書士、行政書士などというと、なんとなくお堅い、とっつきにくいというイメージが先行しがちです。実際に、そのような方がいらっしゃるのも事実です。しかし、わたしに関しては、当たり前ながら、ごくごく普通の一般人です。むしろ、今まで、小売業や接客・サービス業についていた時期が相当期間あります。そこで、わたしは、下記理念を掲げていきたいと思っております。

『士業はサービス業である』

このように思いながら、なるべく接しやすい事務所、話しやすい事務所を目指していきたいと思います。

話は変わりますが、東海地方に「大垣共立銀行」という銀行があります。ここの頭取も”金融業はサービス業である”という風におっしゃっております。では、実際に、どのように業務として実践しているかというと、ATMを利用した際にATMの操作画面でルーレットで遊べる、コンビニ風で雑誌などがたくさん置いてある店舗がある、年中無休の店舗があるといったように、お客様のことやお客様の利便性を考えた、一般の銀行では考えられないようなユニークなサービスを展開していらっしゃいます。その結果、お客様満足度調査では、ネット銀行を除けば、大手都市銀行を差し置いて堂々の首位であります。(日経金融機関ランキング2010)

このような考え方を参考にしながら、わたしもサービスの展開を図っていきたいと思います。

2.地域社会に貢献する

第一に地域社会に貢献するという目標をもって業務に取り組んでいきます。小さいながらも、事務所を経営していく以上は、売上・利益を出さなければ、事務所を運営していくことはできません。しかし、そのことばかり考えていると、どうしても視界がぼやけていってしまいます。事務所を経営していくためには、どのように売ろう?いくらで売ろう?というよりも、地域社会の役に立つサービスを提供するにはどうすればいいのだろう?ということを肝に銘じ、売上は後からついてくるというスタンスで業務にあたっていきます。

3.目の前の仕事に集中する

事務所を経営していくためには、さまざまなことを考えなければならないが、最も大切なことは、当たり前のことであるが、どんなに小さな仕事でも、常に謙虚な姿勢をもって、いただいた目の前にある仕事に集中して、全力で取り組むということであります。

まずは、今、目の前にある仕事に全力でとりくむこと、これを見失わずに業務にあたっていきます。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@company-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み
(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab