富山県での株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO法人の設立、電子定款の認証、組織変更等の会社変更手続きなら、富山市の横倉行政書士事務所へ。

HOME » 事務所紹介・プロフィール | 富山会社設立サポート

事務所紹介・プロフィール

事務所概要

事務所名 横倉行政書士事務所 ※当事務所の行動指針
代表者 行政書士 横倉 高晴
登録番号 第11240555号
会員番号 第906号 富山支部
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
連絡先 TEL:076-456-2036
FAX:076-456-9286
MAIL:info@company-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
※土日・夜間相談は要予約

※行政書士賠償責任保険 加入済み

富山県内の会社設立実績

株式会社 早川工業(株)、(株)トップライン、(株)モンスターキス、(株)食品企画Kono.、(株)パーソナルイノベーション、(株)ZENSOU、よこたライフ(株)、(株)エヌアイサポート、(株)aqua、(株)ディスプレイステージ、(株)さくら苑、(株)Woo、(株)アシスタント、(株)mix-up、(株)つながり、(株)アシストラボ、(株)アイリー、(株)シャ・ノワール、富山すまい情報ナビ(株)、エヌエスシー(株)、大友商事(株)、富山エナジー(株)、中嶋商事(株)、(株)北陸住設、(株)EFI Technologic、(株)あおぞら和み、(株)MOJI PROJECT 等
合同会社 立山アカデミー(同)、(同)MACHI ichi、四六三電気(同)、(同)ジェイ、(同)ワンダスティック、(同)MC-Power、(同)合掌園、(同)油井電気、(同)セイバー・エンジ 等

行政書士証票

事務所マップ


大きな地図で見る
〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121

事務所外観・相談スペース等

行政書士プロフィール

ごあいさつ

みなさま、はじめまして。

富山市で行政書士をしております横倉 高晴(よこくら たかはる)と申します。当事務所では、起業に関するお手伝い(会社設立、会社印鑑の作成、税理士等の他専門家のご紹介、融資相談、各種許認可手続き等)をさせていただいております。

少し長くなりますが、ここでは、私についてのお話を少しさせていただきたいと思います。なぜ私は行政書士として独立・開業することになったのか・・・

~~ 行政書士 開業までのストーリー ~~

愛知大学(愛知県豊橋市)を卒業後、そのまま、同じ豊橋市にある衣料品販売の会社に就職いたしました。そこでは、主に、市内にある店舗にて、お客様を相手に衣料品を接客販売する仕事に従事しておりました。

夢や希望を持って就職したはずですが、さまざまな事情により、未来に希望を持てなくなり、1年半ほどで退職いたしました。初めて社会人として、仕事というものを経験しましたが、それ以外にも、働くことの難しさや様々な障害(人間関係や自分の思うことができなこと等)があることを知りました。

上記の会社を退職してから、1ヶ月ほどして、実家のある愛知県稲沢市に戻りました。豊橋市に居た頃にずっと一緒にいた彼女(のちの奥さん)とも離れ、こちらについては、遠距離交際が始まりました。仕事の方は、特にやりたいこともなかったので、今までの経験を生かすような感じで、ユニクロで準社員として働き始めました。準社員とは、正社員ではなく、いわゆる非正規、アルバイトに近い雇用形態のことです。

ユニクロでの仕事は、正社員ではなかったということもあり、責任もなく、ただ平々凡々、楽しく仕事をしておりました。ただ、ずっとこのままというわけにもいきません。

だんだんとやりがいも出てきて、少し責任のある仕事もさせてもらえるようになってきておりましたが、いかんせん、雇用が非正規という立場では、所詮、自分のできる範囲の仕事は限られております。また、自分なりに一生懸命に仕事をしていたとしても、自分が望むような結果が得られるわけでは当然ありません。

やはり、このままでは駄目だ。ちゃんと正社員としてどこかに就職しよう・・・

再度、就職活動をはじめました。その結果、大学時代にアルバイトをして経験のあった外食産業(和食のさと)に就職いたしました。東証一部上場企業で、給料もそんなに悪くなく、普通に頑張れば暮らしていける収入を得ることができるだろう、これで先の見通しを立てることができる・・・そんなことを感じることができました。

ところが・・・

そんな会社も、3ヶ月でやめてしまいました。やはり、学生時代に経験したアルバイトと、実際社会人として就職したのとでは訳が違う・・・。慣れない調理場の作業、どんどんくるオーダーの数々、それに追われる調理作業・・・。全然自分のペースで仕事をすることができない。学生時代とは立場も責任も違う。全然楽しくない・・・。

せっかく正社員として再就職したが、あっけなく終わってしまいました。「もう俺には、正社員としての会社員生活なんて無理なんだろうか・・・」そんな想いになりました。さて、これからどうしよう・・・。

逃げるように富山県に移り住みました。学生時代から付き合っている彼女のもと(彼女の実家)に転がり込みました。明確な目標などはありませんでしたが、ある意味覚悟を決めて、移住しました。

彼女の実家に転がり込んだということもあり、やはり働かなければいけない。彼女のご両親の目もあるし、なんせ、学生時代とは違い、ただで居候させてもらうわけにもいきません。ちゃんと働いて稼がなければならない。こっち(富山県)に来たということは、当然、この先には結婚ということもあるだろう。

再び、富山県で就職活動をはじめました。住居が入善町ということもあり、富山県では人口が少ない方ですので、求人の数・業種は限られていると思いますが、その中で、塾講師の仕事を見つけ就職いたしました。

小学生から高校生までを相手に塾の講師として勉強を教え、当時は慣れないパソコン操作を勉強して問題を作成したりもしました。自分なりに一生懸命仕事をして、スキルを身に付け成長していこうと考えていました。塾講師という仕事は専門職だ。しっかり知識を身に付けスキルを磨けば、もし違う会社に行っても絶対役に立つ。そんな想いでした。

ところが・・・

ここでの仕事も、試用期間3ヶ月で、再度、あっけなく終わってしまいました(雇用 打ち切り)。どうしよう・・・。彼女にもなんて言おう・・・。すっかりどん底まで落ちてしまいました。富山にまで来て就職したが、結局うまくいかない・・・。

塾講師の仕事が終わった後は、自分の気持ちとしても、すっかり落ちてしましました。無理に気合を入れて、無理やり気分を上げようとも思いません。しかし、これから社会人として仕事をどうしていこう・・・。だけど今は働きたくない。そんなこんなで、ハローワークを通した学校(北陸職業能力開発大学校(魚津市))のeビジネス管理課という社会人向けの学習コースに通うことになりました。

今は働く気はない。ちょうどいい。失業保険をもらいながら、ちょっと、昔出来なかった(やらなかった)勉強に専念しよう。少し鋭気を養うとともに・・・。もうどん底まで落ちてしまったことだし、怖いもの・失うものなんて何もない。

期間は6ヶ月。「よし、この6ヶ月は勉強に専念しよう。」まずはパソコンを覚えなければならない。塾講師の仕事をしているときは、パソコンのワードやエクセルをほとんど知らず、苦労したっけな・・・。幸い、この学習コースにはワードやエクセルの勉強も含まれておりました。資格の取得も推奨されておりましたので、自分もマイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイント等の資格を取得しました。

この学習コースには含まれておりませんでしたが、独学で勉強し、国家資格である、初級システムアドミニストレータの資格も取得しました。ほとんどパソコンのことを知らない段階から、机上メインの独学の勉強で、この資格を取得できたことは一つの自分の励みになりました。

学生時代も、英検2級や簿記検定3級など、いくつかの資格を取得してきたこともあり、自分で勉強して何かを身に付けるということは、それほど嫌いではない。

子供の頃、たくさんやってきた、ドラクエなどのロールプレイングゲームみたいに・・・ではありませんが、がんばって努力し、何かを身に付け成長させるということはそんなに嫌いではない。むしろ、他人の評価の入る余地がない、やったらやったとおりの結果を得られる、そういったモノの方が自分には向いているなと、この時感じました。

それと共に、この学習コースで一人の先生に出会いました。個人的に、この先生に、今後の自分の進路についての相談等にも乗ってもらっておりました。ここで、今までの自分の発想には出てこなかった、一つの進路の選択肢と出会うことになります。

それが「独立」です。

先生との話の中で、「独立」という考えが次第に出てくるようになりました。「独立か・・・。でも自分に何ができるかな・・・。お金もないし・・・。」それから、自分の独立できる何かを探し始めました。そして、一つの結論にたどり着きました。

それが「行政書士として独立しよう」ということでした。

行政書士になるためには、勉強して資格を取らなければならない。果たして自分に取れるのだろうか。でも、そういえば、「俺は自分のために頑張ってスキルを身に付けることはそんなに嫌いではないはず・・・。やればできるよな・・・。」ということを思い出し、まずはこの点はクリア、と勝手に、資格を既に取得したかのような気持ちになる。

「でも、お金がないし・・・。」行政書士の仕事は何かを仕入れる等がない、原価がほとんどかからない仕事である。この点からも、独立・開業にあまりお金をかけることなく開業できる。

「よし、行政書士で独立・開業しよう!」

何度就職してもうまくいかないなら、自分で事業を興せばいい!
たぶん俺にはそっちの方が向いている!

気持ちが決まった瞬間でした。

そうと決まれば、早速参考書などを買いあさり、この学習コースに通っている後半あたりから、本格的に行政書士の勉強に取り組みました。こうと決まったら、この学習コースよりも行政書士の勉強を優先したので、この学習コースにもあまり行かなくなりましたが、先生に事情を説明し、形式上は、毎日学習コースに通っていることにしておいてもらいました。

この学習コースが終わった後の進路についても、もう行政書士になるつもりでいたので、正社員として働きながら勉強をして資格を取るよりも、あえて派遣社員としての道を選択し、勉強に充てる時間を確保することができるようにしました。

学習コースが終了し、派遣社員として働き始め、それとともに行政書士になるための勉強も並行して行い、この期間中に、正式に彼女と夫婦になり、無事、行政書士試験に一発合格することができました。

行政書士の資格を取得した後、すぐには開業しませんでした。その間に子供が生まれ、家を建て、ずっと派遣社員をしながら資金をためて、資格を取得した約5年ほど後に、正式に開業いたしました。

やっと、一国一城の主になった瞬間でした。

形式的には一国一城の主にはなったかもしれませんが、それで生活していけるほど、世の中甘くはありません。世の中の役に立ち、自分としてもお金を稼がなければ家族を養っていく事ができません。

でも、自分はもともと努力をすることがそんなに嫌いではないこと、また、わずらわしい人間関係に振り回されるよりも、自分の思うように仕事をしていきたいとずっと思っていたことなどから、会社の中で様々な不確定要素のある中で仕事をするよりも、自分の行動に伴った、分かりやすい結果を得られる、この働き方の方が自分には合っていると感じます。

このおかれた立場で仕事をさせていただき、業種は違えど、自分と同じように、これから会社を設立するなどして独立・開業を目指す起業家のみなさまのサポートをさせていただければ、私としても大変うれしい限りです。

今までもたくさんの起業家のみなさまにお会いさせていただきましたが、これから独立・開業を目指す方々は、何といっても、前向きな、プラス思考のお考えを持っている方が非常に多い。そのような方々とお会いできることが、私としてもうれしい限りですし、何といってもパワーをもらえます。

以上が、私が行政書士として開業するまでのお話でした。業種は違えど、私も一独立・開業者として、これから富山県で会社を設立して独立・開業を目指す起業家のみなさまのサポートをさせていただければこの上ない喜びでございます。

~~ みなさまの独立・開業に当たり ~~

みなさま、これから独立・開業されるに当たって夢や希望でいっぱいだと思います。また、それとともに、様々な不安や心配事もあろうかと思います。

「会社をつくろうか、個人事業で行こうか、どっちがいいんだ?」
「会社設立手続きにはどんなことがあるんだ?」
「会社設立手続きに関する書類には一体どういったものがあるの?」
「お金が足りないけど、どこで借りればいいの?」
「事業計画はどうやって立てればいいの?」
「営業はどういった方法でやろうか?」
「許認可・届出は必要なの?」

上記以外にも、様々な疑問・問題があるかと思います。

このような事を、ご自分一人で、すべて勉強し手続きすることは可能です。専門家に払う手数料も不要なので、経費を節約することはできます。

でも、そのようなことをしていたらどれだけ時間や手間がかかるでしょうか?

慣れないことに時間や労力を使うよりも、お客様がこれからはじめられる事業の方に、より多くの時間や労力を使われる方が、私たちは有意義であると考えます。

また、起業するにあたっては、様々なことを連動して考えなければならない場合もございます。そういったことを意識せず、会社を設立してしまうと、自分の意思にそぐわない会社をつくってしまうこともありえます。

そのような結果にならない為にも、専門家を上手に活用し、お客様には最大限、ご自分の事業に注力していただきたいと私たちは考えております。

■当事務所の会社設立サポートの強み・特徴 「7つの安心と7つの特典」

当事務所では、会社設立手続きだけではなく、上記のような、お客様が会社設立にまつわる不安・悩み・手間一切をサポートさせていただく体制を整えております。

会社設立にともなう様々なご不安・ご要望等もしっかりとサポートさせていただきたいと考えております。

当事務所サポートの詳細については、下記バナーよりご覧いただければ幸いでございます。

保有資格

横倉行政書士事務所運営サイト一覧

横倉行政書士事務所も参加中の専門家ネットワークサイト一覧

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴
所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@company-toyama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み
(※土日祝・夜間相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab